がんの部位別統計

がんの部位別統計

こんにちは、本社小野です。

あれだけ暑かった日も終わりが近づき、早朝になると秋を感じる季節となってきました。哀愁を感じる秋、私の心も哀愁が漂っております。

さて本日は、がんの部位別統計について調べてみました。

日本がん協会の「がんの部位別統計」によると、男性と女性によってランキングは異なり、以下の通りです。

男性と女性のがんの部位ランキング

2020年の部位別がん死亡数を死因順位別に見ると、トップは男性が肺がん、女性が大腸がんです。がん罹患数は男女ともに膵臓がんが増加している一方で、男女ともに肝臓がんが減少傾向にあります。また、女性では乳がんが増加傾向にあります。引用:日本がん協会の「がんの部位別統計」

男性の1位は肺がん、女性の1位は大腸がんだそうです。

以前の記事でも書きましたが、がんの原因の一つとして喫煙関係が多いことは事実です。

禁煙することで、肺がんになるリスクを大幅に軽減できること考えることができるので、なるべく禁煙することをおすすめします。また、5つの健康習慣を実践することで、がんになるリスクが低くなることも分かっています。詳細は上記記事を参考にしてください。

 

その他、過去の記事では健康に関する事も書いています。あわせて参考にしてください。

 

≫えびす堂ナーシングホームのYouTube
≫えびす堂ナーシングホームのインスタグラム

The following two tabs change content below.

えびす堂本社 小野

Web、マーケティング、SEOなどを担当しています。利用者さんやご家族に役立つ内容、施設に関する情報をアップしています。

関連記事

  1. 認知症の症状

  2. 日本人におけるがんの原因と効果的な予防

    日本人におけるがんの原因と効果的な予防

  3. がんを防ぐための新12か条

    がんを防ぐための新12か条

  4. 知ってる?味噌汁は抗がん作用のある健康食

    知ってる?味噌汁は抗がん作用のある健康食

PAGE TOP