認知症の症状

こんにちは!えびす堂ナーシングホーム、理学療法士の松本滉平です!

今回は身近なようで分からないことも多い、「認知症の症状」についてお伝えしていきます。

まず「認知症」とは、脳の病気や障害など様々な原因により、認知機能が低下し、日常生活全般に支障が出てくる状態と言われております。

認知症の症状

症状としては大きく2つに別れます。

 

その1:中核症状

具体的には

  • もの忘れ(記憶障害)
  • 時間、場所が分からなくなる
  • 理解力・判断力が低下する
  • 仕事や家事・趣味、身の回りのことが出来なくなる

 

その2:行動・心理症状(BPSD)

具体的には

  • 怖がったり寂しがったりする
  • 興味がなくなる、憂鬱になる
  • 怒りっぽくなる
  • 幻視
  • もの取られ妄想
  • 徘徊

といったものがあげられます。

引用元:厚生労働省 知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_recog.html

また、認知症といっても人それぞれ症状や状態は変わる場合があるので、目の前の方の状態に合わせて対応を考えていく必要があります。

ひとくくりに正解は無いですが、目の前の方にとって最適なケアを

提供することが出来るよう情報をお伝えしていきます。

今後も引き続きよろしくお願いします!

 

≫えびす堂ナーシングホームのYouTube
≫えびす堂ナーシングホームのインスタグラム

The following two tabs change content below.

理学療法士 松本 滉平

島根県出身。理学療法士3年目、現在ナーシングホームと見守りシェアハウスでリハビリを担当。その他、そば打ち歴19年。

最新記事 by 理学療法士 松本 滉平 (全て見る)

関連記事

  1. 日本人におけるがんの原因と効果的な予防

    日本人におけるがんの原因と効果的な予防

PAGE TOP