日本人におけるがんの原因と効果的な予防

日本人におけるがんの原因と効果的な予防

こんにちは、本社小野です。

本日は、日本人におけるがんの要因と効果的な予防方法 を簡単にお伝えしたいと思います。

本記事は、がん情報サービス「科学的根拠に基づくがん予防」という記事から引用、出典しています。

ということで早速ですが、日本人における主ながんの要因は以下の通りです。

日本人におけるがんの要因

まず一言、タバコは百害あって一利なしなので、すぐに禁煙しましょう。笑 

残念なことに発がん性物質が豊富に含まれているので、身体にとってメリットは全くありません。

タバコも酒もする人は、どちらかにしましょう。ちなみに余談ですが、私はタバコを吸いませんがビールは飲みます。

出典元の記事によると、上記のような要因となっています。感染は仕方ないとしてもそれ以外は自らコントロールできる部分です。

つまり、それらをコントロールすることでがんになる確率を大きく下げることができるのです。

がんの要因5つ

出典元記事によると、上記の5つをコントロールすることで、がんになるリスクはほぼ半減するそうです。

もう一度言いますが、がんになるリスクがほぼ半減 です。それほど効果があるということです。今のうちから実践しましょう。

国立がん研究センターでは、日本全国の11の保健所の協力を得て、調査開始時点で年齢40歳から69歳の男女、総計140,420 人を対象に、生活習慣とがんやほかの病気の罹患りかんについての追跡調査を実施してきました。その結果、この5つの健康習慣を実践する人は、0または1つ実践する人に比べ、男性で43%、女性で37%がんになるリスクが低くなるという推計が示されました。

5つの習慣でがんになるリスクが低くなる

このような結果から5つの習慣を気を付けることで、がんになる確率を大きく下げることができます。

健康なうちからこれらのことを気を付けておくことで、長期的に健康な体を維持できるのではないでしょうか。

具体的には以下の行動を心掛けると良いそうです。

  • タバコを吸わない、副流煙を避ける
  • 節酒する
  • 食生活を見直す
  • 運動する
  • 体重の維持

など

毎日のお酒については、以下の量が適正だそうです。

適正なお酒の量

ということで簡単でしたが、がんになる要因と効果的な対策についてご紹介しました。

対策と言っても日常的に体感して効果を感じられることではないかもしれません。しかし、続けてくことで結果的に「健康なままでいれた」ということになるでしょう。

もう少し詳しい記事の詳細を見たい方は、こちらをご覧ください。≫がん情報サービス「科学的根拠に基づくがん予防」

 

ちなみに過去に私が書いた記事でもいくつかがんに関することを書いています。

良かったら以下を参考にどうぞ。

 

The following two tabs change content below.

えびす堂本社 小野

Web、マーケティング、SEOなどを担当しています。利用者さんやご家族に役立つ内容、施設に関する情報をアップしています。
PAGE TOP